読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シロのブログ

スクコレメインの気まぐれブログ

スクコレSS その1スクコレを始めよう!

 ラブライブ!スクールアイドルコレクション。通称、スクコレとは

 「みんなで遊べるスクールアイドルカードゲーム」をコンセプトにした誰でも気軽に遊べるトレーディングカードゲームのことである。 

 

 内浦は浦の星女学院

千歌「これだよっ!」

クラス「!?!?」

曜「急にどうしたの千歌ちゃん」

梨子「びっくりしたぁ。何かあったの?」

千歌「これだ…、これだったんだよ」

曜梨子「千歌ちゃん、これって?」

千歌「曜ちゃん!梨子ちゃん!」

曜梨子「はいっ!」

千歌「一緒にキラキラな夢、集めよう」

曜梨子「はい??」

 

 場所は変わりスクコレアイドル部部室

千歌「さあ梨子ちゃん、曜ちゃん一緒に、スクコレをやろう」

 梨子「ちょっと千歌ちゃん。急にカード渡されても困るよ」

曜「そのカードがスクコレって言うの?」

千歌「そう!スクールアイドルコレクション、略してスクコレ!あのμ'sとか私達Aqoursがカードになってるの」

梨子「ちょっと待って、μ'sはともかくどうして私達までカードになってるの?」

千歌「細かいことはいいの。とにかく一緒に遊ぼ」

梨子「細くないよ。大事だよぉ」

曜「でも楽しそう。千歌ちゃん、遊び方教えて」

梨子「曜ちゃんまでぇ」

千歌「じゃあはい、2人のデッキだよ」

梨子「デッキって?」

千歌「遊ぶに使うカードの束のことかな。色んなカードゲームによって必要なデッキ枚数は変わるんだけどスクコレは最低20枚必要なんだ。楽曲カードっていうのもあってこれは最低6枚」

梨子「千歌ちゃん詳しいね…」

千歌「うん、さっき調べたから」

梨子「さっきなの!?」

曜「ちなみにこのカード千歌ちゃんどこで買ったの?」

千歌「えーっと、アマ…  梨子「わかった!そこから先は言わなくていいよ」

千歌「じゃあ2人に遊び方を教えるね」

梨子「ちなみに遊び方もさっき?」

千歌「うん」

梨子「………」

 

f:id:aqmouusres090901117:20170424223237j:image 

千歌「2人の前にあるのがプレイシート。この上でスクコレをする。じゃあ右下の所にデッキを置いて」

曜「左下のセットリストって所には楽曲カードを置けばいいの?」

千歌「さすが曜ちゃん。そうだよ」

f:id:aqmouusres090901117:20170424224354j:image

梨子「こんな感じでいいのね。次は?」

千歌「デッキの中から2ピースもつカードを1枚取り出して、ステージって所の中央に裏向きで置いてみて」

梨子「えーっと、ピースって?」

千歌「メンバーカードの左上にある丸いマークのことだよ」

 f:id:aqmouusres090901117:20170424232838j:image      f:id:aqmouusres090901117:20170424232855j:image

曜「ピースって3種あるけどこれは?」

千歌「それは後で説明するよ」

 f:id:aqmouusres090901117:20170424233514j:image

千歌「次はデッキから4枚引いて、自分だけに見えるようして待つの。それが手札」

*引くことをドロー。手札をバンドとも言います

梨子「えっ、いまのなに!?」

千歌「ああ天の声かな。まあ気にしないで」

梨子「天の声なの?それでいいの?」

千歌「次は楽曲カードを楽曲カード1と2の所に置く。これで準備は完了!」

f:id:aqmouusres090901117:20170424233830j:image 

梨子「へー簡単なんだね」

千歌「そう!簡単なんだよ。それがスクコレのいい所のひとつ!」

梨子「千歌ちゃん、それ言わされてる?」

千歌「ん、なんのこと?」

梨子「いやなんでも…」

 

千歌「じゃあ実際にやってみよう!まずはステージに置いた1枚のカードを『Aqoursサンシャイン!!』のかけ声と共にめくる。その後楽曲カードの2枚もめくる」

*ステージ置いたカードをスターター又はスタートメンバーとも言います

*かけ声は『ミュージックスタート!』でもオッケーです。デッキに合わせたかけ声を使いましょう

曜「天の声たくさん入った…」

千歌「じゃあ2人共やってみて」

梨子曜「Aqoursサンシャイン!!」

梨子の場 f:id:aqmouusres090901117:20170424235227j:image

 曜の場f:id:aqmouusres090901117:20170424235218j:image

梨子曜「………」

千歌「どうして2人共スタートが千歌なの?」

梨子曜「いや…別に…特に理由は…」

千歌「?まあいいや。次は1ターンに出来ることを説明するよ。1ターンにできるのは、登場、勧誘、ライブの3つ」

f:id:aqmouusres090901117:20170428201423j:image

曜「ここに書いてあるやつだね」

千歌「そうそう。登場は手札かデッキの1番上からステージにカードを登場する。勧誘は手札が4枚になるまでデッキからカードを引く」

梨子「今手札が4枚あるからお互いに最初のターンは勧誘できないってことなんだね」

千歌「そういうこと。最初に誰からターンを行うかはじゃんけんで決めるんだけど、今回は梨子ちゃんから。登場してみて」

梨子「わたしから?じゃあデッキの上から登場」

千歌「2ピース持った果南ちゃんだね。次は曜ちゃん」

曜「じゃあ私は、手札から曜ちゃんのRUSHから君ここ衣装の梨子ちゃんの登場!」

梨子「えっ、なに今の?2枚出出てるけど」

千歌「すごいよ曜ちゃん!まだ説明してないのにRUSHの使い方がわかるなんて」

曜「いや、だってカードに書いてあるし」

f:id:aqmouusres090901117:20170428222638j:image

梨子「あっ本当だ。RUSHからメンバーを登場したとき、1ターンに1回まで、あなたは手札からメンバー1人を登場してよい。って書いてある」

 f:id:aqmouusres090901117:20170426124623j:imageRUSHのカード

千歌「1ターンに1回限定だけどRUSHはカードを2枚。ピースを3つ出すことが出来るカードなんだよ」

f:id:aqmouusres090901117:20170428222835j:image曜の場

梨子「RUSHってすごいんだね。2ターンで出来ることを1ターンでやってるし。なら私もLUSHから…っあ、もしかして… 」

曜「どうしたの?梨子ちゃん」

梨子「私は手札から千歌ちゃんのRUSHから私のLIVEを出して…。千歌ちゃんこれって【元気全開DAY!DAY!DAY!】をLIVEすることできるよね?」

千歌「すごいよ梨子ちゃん。もうスクコレのルールを理解したんだね!」

梨子「いや楽曲っていったらliveだし。楽曲にもピースが書いてあるからもしかしたらって」

f:id:aqmouusres090901117:20170428223036j:image梨子の場

曜「なに?どういうことLIVEって?」

千歌「説明するね。1ターンで出来ることの1つにライブという行動があるの。楽曲にあるピースを揃えていればライブすることが可能なんだ。梨子の楽曲カードにあった【元気全開DAY!DAY!DAY!】はスマイルピースが2、ピュアピースが1、クースピースが1必要なの」

曜「赤い玉がスマイルピース。緑の玉がピュアピース。青の玉がクースピースなんだね」

*スマイルピースを以後Sピース、ピュアピースをPピース、クースピースをCピースと表記

梨子「ねぇ、私のところにある【恋になりたいAQUARIUM】は黄色のピースが5つ必要なの?」

千歌「ううん違う。黄色はどんな色でもとにかくピースを集めればいいの。Sピースが5でもいいし、Sピース2Pピースが2Cピースが1とバラバラでもライブができるの」

*【D!D!D!】のような指定されたピースを集めなければいけない楽曲を、通常楽曲。【恋アク】のよう種類関係なしにピースを集める楽曲を、共通楽曲といいます

曜「梨子ちゃんの場にはピースが揃っていることはわかるんだけど、ピースを揃えてライブという形だと2ターンかかるよね?それを1ターンで出来たのはなんで?」

千歌「それはLIVEのカード力だよ。読んでみて」

f:id:aqmouusres090901117:20170427154849j:imageLIVEのカード

曜「えーと、LIVEを持つメンバーが登場したとき、あなたはそのメンバーを参加させてライブしてよい。ってことは…」

千歌「ライブのメンバーがでたらライブできる。つまり1ターン分の行動を使わずにライブができるの!」

梨子「これも2ターンのことを1ターンでやってる感じなんだね。LUSHは登場と登場。LIVEは登場とライブ」

千歌「そうだよ。スクコレはこの2枚ないと中々成り立たないんだよ」

曜「勧誘はLUSHなどによって手札がなくなったらすればいいんだね」

千歌「そう。次は曜ちゃんの場にある【青空Jumping Heart】の説明をするね」

f:id:aqmouusres090901117:20170428223329j:image

梨子「これは共通楽曲だからピースを12個集めればいいんだよね」

曜「でもこのカード記述があるよ。このライブに参加している、名前が異なるAqoursのメンバー1人につき、カードを1枚引く」

千歌「このカードはライブに参加してるAqoursメンバーが多ければ多いほどドローできるの」

梨子「私、曜ちゃん千歌ちゃんでライブしたら3人だから3枚引けるってことで、Aqoursは9人だから最高9枚ってことだね。9枚も引いた勧誘なんてもうしなくて良さそうだし、LUSHやLIVEを手札に持って来れそうだね」

曜「そうだね。ピースの数は多いけどすごく強いと思う」

千歌「でしょう?効果を持った楽曲は【青ジャ】だけじゃないし、色んな効果があるの」

梨子「すごくシンプルだけど奥が深そうだね」

千歌「最後にスクコレは楽曲にある点数が9点以上になればあがりなんだ。【D!D!D!】は2点、【青ジャ】は4点ライブをするともらえるの」

*楽曲をライブすることによってもらえる点数をライブポイントといいます

梨子「この点数を9点にすればいいなね。私はあと7点か…。って千歌ちゃん、あがるには9点いるって最初に言っとかないといけない大事なことじゃない?」

千歌「そうだっけ?忘れてた。えへへ」

梨子「もう千歌ちゃん」

曜「スクコレのルールは大体こんな感じ?」

千歌「そうだね。色んな効果メンバーカードや楽曲あったりするんだけどこんな感じだね。どう2人共、スクコレやってみようと思わない?」

曜「スクールアイドルと飛び込み。私ただでさえ忙しいんだよ」

千歌「ごめん曜ちゃん。やっぱり難しいよね…」

曜「うん難しいよ。でもやってみようかなスクコレ」

千歌「曜ちゃん…!」

曜「私でも覚えられそうなルールだし。それに千歌ちゃんと一緒にやったら楽しそう!」

千歌「ありがとう曜ちゃん!」

梨子「私もやるよ千歌ちゃん」

千歌「ほんとにっ?」

梨子「どうせ断っても何回も誘ってくるんでしょう?それに楽しそうだから」

千歌「ありがとう曜ちゃん!ありがとう梨子ちゃん!」

 

翌日、旅館十千万にて

梨子「じゃあ先行は私からだね」

曜「順番は最後でも負けないよ」

千歌「じゃあ始めよう」

3人「Aqoursサンシャイン!!」